レーシックイメージ

レーシック手術を受けて永久的に視力回復

私は小さい頃から近眼でずっとメガネをかけていました。
小学校の頃からです。
中学校からは運動部に所属していたので、激しい運動時にメガネhttp://www.fullcircleranch.com/4.htmlがとても邪魔でした。
高校生からはコンタクトレンズを着用し始めました。
強度近視と診断された私は、目の負担を避ける為に、ハードコンタクトレンズをすすめられました。
眼球の上で動きやすい為、酸素透過率が高く、目の負担が少ないというのが理由でした。
しかし、外で運動をする時にハードコンタクトレンズは違和感を感じやすく、特に冬場の運動場では風や砂埃が目に入り、涙をポロポロ流しながら、運動を中断しなければならないことがしばしばありました。
また、コンタクトレンズとレーシックを比較した記事http://www.bttralhos.com/konta.htmlも大変興味深いです。
高校生の時くらいからレーシックで視力が永久的に回復できるという話を聞くようになり、漠然とレーシック手術を受けてみたいと考え始めるようになりました。
しかし、手術費が高額(詳しくはhttp://www.hodesforcongress.com/price.html)で、技術的な面からもまだまだ信用できなかった私はコンタクトレンズで我慢し、技術の進歩を見守ることにしました。
大学では運動部には所属せず、大きな不便は感じませんでしたが、プールに入る時や海などのレジャー時にコンタクトのことを大いに気にしなければならず、高額なハードコンタクトレンズをなくしてしまった場合のことを考えてあまり楽しめないような状況でした。
また、ある時は、目が乾いていたのか、通学電車の中、揺れに合わせて人にぶつかられ、その拍子で左目のコンタクトレンズを落としてしまいました。
すぐ気付いたので、周りの友人にも助けられ、無事にコンタクトレンズを発見することができ、安堵するということもありました。
冷や汗をかき、また高額なコンタクトレンズを買いなおさなければならないのかと頭が真っ白になったのを覚えています。
転機になったのは、社会人になったことです。
自分でお金を稼ぐことになり、レーシック手術に充てるお金を手に入れることができました。
周りの友達も同様にレーシック手術を受ける人が出始め、体験談を身近に聞く機会が増えました。
短時間の手術で永久的に視力が回復し、コンタクトレンズのわずらわしさもない。
子供の時から視力が悪かったのに、裸眼でこんなに見えるなんて奇跡のようだ、と絶賛する友達が周りにたくさん出てくるようになりました。
自分もそんな自由を手に入れたいと強く思うようになり、数少ないレーシック手術を行っている病院http://www.cpu-collector.com/sen.htmlに一度検査に行ってみました。
すると、同じ手術を受けに来ている人がたくさんいて、検査もたいへんスムーズに、すべてのスタッフがレーシックの全工程に慣れているようで、たいへん頼もしく感じました。
検査の結果によっては手術を受けることができないということでしたが、無事に検査をクリアしました。
そこからは手術日の決定、実際の手術等、とんとん拍子に話が進んでいきました。
手術後の当日は入浴ができない為、しっかりと睡眠をとってからシャワーを浴び、清潔な万全の体調で手術に挑みました。
目を開ける器具を装着され、レーザーでの手術はわずか1日で(詳しくはhttp://xn--kpuo06fw1aj2o.net/onefinish.html)あっという間に終わり、すぐに見えるようになると思っていた目はぼんやりとほとんど何も見ることができず焦りました。
ゴミが入らないようにゴーグルをして帰宅し、何時間か経つと段々とものが見えるようになり、翌日には裸眼ではっきりとものが見えるようになりました。
以後、現在も裸眼ではっきりとものが見えるようになり、快適に過ごしています。
また、手術後のケアはとても重要です。定期検査もしっかり受けましょう。詳しくはhttp://diplomaxkyoto.jp/4.html

Copyright(C) 2010 目の回復.comAll Rights Reserved.